2011年11月16日

ビラ!

ビラの版下ができました!自分で言うのもアレですがかっこいいです。
明日からガンガン宣伝します。

表面。
怒濤のドラムデモ.jpg

裏面。
怒濤のドラムデモ2.jpg

イラストはM画伯。アレンジは某美大生Mくん。
二人ともどうもありがとう! (yuz)
ビラをプリントアウトしたい方は↓
怒濤のドラムデモ ビラ表.pdf
怒濤のドラムデモ 裏.pdf
posted by 怒涛 at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

沖縄・高江

今日、米軍用ヘリパッド建設に反対して住民が座り込みを続けている沖縄の高江で、沖縄防衛局が工事を再開した模様。まだ、重機を入れられていないみたいだけど、心配。→http://takae.ti-da.net/

高江のことを知らない人が多いと思いますが、高江はやんばる(沖縄北部)の原生林に囲まれた小さな集落です。ただ、周りの原生林のほとんどは米軍の北部訓練場として使われています。そこにはヘリパッドもあるため、集落の上を昼夜を問わず米軍ヘリが飛んでいます。その高江を取り囲むように6つのヘリパッドを作ることが日米政府によって決められ、07年に住民への説明・話し合いがなされないまま、工事が始まりました。納得できない住民達は話し合いを求めて座り込みをして工事を止めました。それから、今まで何度か工事強行が行われましたが、なんとか食い止めて、座り込みを続けています。
高江について詳しくは、
「Voice of takae」:http://nohelipadtakae.org/files/VoT2008June.pdf
: http://nohelipadtakae.org/files/VoTadd-info2010april.pdf
僕は何回か高江の座り込みの支援に行っています。ジャンベを初めて叩いたのも高江でだったと思う。いろんな人とも出会いました。とても好きな場所です。だから、日本政府にきちんと話し合いに応じさせてヘリパッド建設を撤回させたい。
ぜひ、高江のことにもご注目ください。

高江の人たちはみんな音楽、踊りとか楽しいことが大好きで楽器をやる人も多くて住民でスワロッカーズというバンドをやってたりする。フラダンスもさかん。10月にあった高江ヘリパッド反対を訴えるパレードでも仮装あり、太鼓を叩いて那覇の国際通りをパレードしていてすごく楽しそうです。(sho)





posted by 怒涛 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒りのドラムデモ第2弾(東京)

東京の「怒りのドラムデモ」、11/26(土)に第2弾が行われるとのこと。
「怒りのドラムデモ」に触発されて、京都でもやりたいと思った。その思いを口に出すことからことから「怒濤のドラムデモ」は始まった。すこし時間はかかったが、形になりつつある。
すこしづつ広がってもいる。
「怒りのドラムデモ」第2弾、怒濤のドラムデモの前日なので準備でいけそうにないですが、
お互いに楽しく叩きまくりましょう
(sho)

怒りのドラムデモ
11/26 渋谷 お昼(今回は昼デモです) 代々木公園ケヤキ並木集合
時間コースなど調整中 詳細は開催週の頭に公開となるでしょう。


詳細、最新情報→http://drumsofprotest.blogspot.com/

DRUMS_~1.JPG
(「怒りのドラムデモ」のページから転載)
posted by 怒涛 at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

デモ申請

デモをいつも同じ人がやるんじゃなくて、いろんな人が様々な主張でやってほしい。ただ、騒ぎたいだけライブみたいな感じももちろんあり。

デモ(車道を一時占拠して練り歩くこと)をやるのに、本来は人に呼びかけて集まったら歩き出せばいいだけであるべきだけど、実際にそうしたら警察が来て出発さえ出来ないだろう。(人に呼びかけず仲間内だけでやるなら別だけど)デモを大きく呼びかけてやろうと思えば、面倒くさいけど許可を取らないといけない。

許可を申請するにはまず出発地点を管轄している警察署に平日の5時ぐらいまでに行くことになる。今回のドラムデモなら5条署。京都は公安条例が施行されているので、集団示威運動許可を取らないといけなくて、許可を出すのは公安委員会なのだけど警察署が窓口になっている。(公安条例が施行されていない場合、集団示威運動許可は取らないでいいけど、道交法に基づく「道路使用許可」を取らないといけないみたい。その場合は交通課が担当)

とりあえず、警察署に行ったら窓口でデモ申請をする旨を伝えれば、担当者を呼んでくれる。
今回のデモ申請ではすぐ下書きを書いた。警官がそれをもとにどこかと相談しているのを20分ぐらい待たされてから本番の申請書を書いて終わりで1時間かからないぐらい。最近の5条署はこんな感じだけど、他のところだとこんなに簡単に行かない。

僕らは申請して警官は受理するだけで公安委員会は基本的には出された申請は許可する。条件はつけるけど。法律どおりならこうなんだけど実際には申請書をなかなか書かせてくれない。とにかく警察官と話していても意味が無いので、申請書を書きたいと強く主張するしかない。
申請事項も条例で決まっていないこと、たとえば車を出すか、出さないとか書かされます。地域によって対応が違ってもっと細かく持ってくるものを書かされたりする。デモコースもけちをつけられることがある。でも、寺町や新京極の商店街を通るコースを申請したとき、警官はダメだとい行った押し通して申請したら許可が出たこともあったそうだ。

そういう規制にはきちんと抗議することは絶対必要だけど、申請をやるときにはとにかく疲れないように時間を短く出来るようにすることが一番大事だと思います。ここでしんどい思いをすると、デモ申請を2度としたくなくなっても困りますしね。デモ申請は一人で出来ますが、何人かで行ったほうが心強いです。

あと、申請はデモの72時間前までです。それから、ハンコが必要です。ゴム印なんかだとダメだといわれる可能性が高いです。デモコースを書き入れる地図を用意しろと言われるかもしれませんが、別に強く言って警察に用意させればいいです。

書いてみて、これを読んだからってデモ申請のハードルが下がる気があまりしない。
でも、ノウハウはやっぱり共有すべきだと思うので載せておきます。
参考になるページ→http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20110413/1302639125

文責:sho
posted by 怒涛 at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

ドラムデモへの思い

ドラムデモ。
その名のとおりとにかく太鼓の音を街中で響かせながら車道を歩く。サウンドシステムではなく、生音で勝負。3・11以降の反原発デモでは大体太鼓を叩く人が何人か来てるけど、やっぱりもっともっと太鼓を集めたい。ジャンベとかよくあるやつだけじゃなくて、木魚とかチャンゴとか、fライパンやナベも叩けるもの何でも持ってきてほしい。モチロン打楽器以外もありだし、踊り狂う人や歌う人もいてほしい。まちをカオスな状況にしたい。
今回は原発いらないっていう思いも主張したいから、最低限、横断幕とかプラカードとか用意するけど、ただ、太鼓を叩いたり、踊ったりしながら車道を練り歩くのもありだと思うし、そういウ風にどんどん路上が面白くなってほしい。
もちろん、自分の意思もどんどん示すべきだ
路上に出て意思表示をするということが当たり前になることなしに、社会がましになることはないと思う。もっとマチを愉快にしたい
(sho)


posted by 怒涛 at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。